SEMINAR
受付中

無形資産を価値に変える、 会社の現在、過去、そして未来を語る統合報告書

2024年8月21日(水)12時~13時
シェアする

昨今、地球環境やサステナビリティ課題を解決するために、既存のビジネスモデルをサステナビリティの視点から評価・改善していく活動や人的資本経営のように無形資産を価値と捉えて経営していく必要性が高まっております。こうした内容を企業としてどのように取り組んでいるのかを、中長期なストーリーとして伝える手段として、統合報告書が注目されています。

統合報告書を作成することによって、株主や投資家などに、企業の経営実態、持続的な成長への取り組みをアピールできるとともに、企業理解として採用活動にも活かせるメリットがあります。

しかし、統合報告書の開示、実務の歴史がまだ短いこともあり、作成に悩まれている企様も多いのではないでしょうか。

そこで本セミナーでは、国際統合報告書評議会の日本事務局を担当されていた、小澤氏にご登壇いただき、
会社の価値を語る統合報告書の作り方について、分かりやすくお話いただきます。

※当セミナーは、大変好評でした2024年2月28日に収録した内容の再配信になります。
 ライブ配信ではありません。ご留意ください。

イベント概要

開催日時 8月21日(水)12:00-13:00
申込フォーム お申込みURL
参加費 無料
場所 オンライン(Zoom ウェビナー)
参加特典 当日の投影資料をプレゼント
※アンケート回答者限定となります
主催 株式会社パソナJOB HUB
注意事項 当配信は2024/2/28に収録した内容の再配信になります。ライブ配信ではありません。
こんな方におすすめです
既に統合報告書を作成しているが、改善ができていない方。
統合報告書の必要性は理解しているが、初年度に何をすべきか分からない方。
統合報告書を作成するミッションがおりてきたが、着手できずに1年経過してしまった方。

登壇者

株式会社グローバル・リンク・マネジメント 執行役員 サステナビリティ推進部長 小澤 ひろこ 氏
会計監査法人系コンサルティング・ファームにて、企業買収および事業再編のアドバイザリー業務を経験。その後、新日本有限責任監査法人に入所。CSRや統合報告を中心とした企業情報開示のアドバイザリーを担当。2012年5月から2018年9月までは国際統合報告書評議会の日本事務局を兼務。2018年10月より、現職にてSR/IRのコンサルティングに従事。

関連するセミナー